スロットデータ

このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

冬を迎えると、海で育った鮭が、産卵のため一気に川を遡上します。北国の冬の風物詩ともいえる鮭の里帰りの光景は、古来、神秘的なものととらえられてきました。たとえば、山形県、岩手県の各地では、秋が終わる頃の夜、オオスケという鮭の王が眷族(けんぞく)をつれて「オオスケコスケ、今のぼる」といいながらやってくる、この日を過ぎると川に鮭の群れが遡ってくるという伝承がありました。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す